就職内定者がローンでお金を借りる事ができる?

就職内定者がローンでお金借りるようなことはできるでしょうか。これは原則論から言えば難しいということになります。お金を借りるためには現に仕事をしていて毎月安定した収入があることが必要です。内定者というのは今後は収入があることが見込まれますが、今の時点では収入がありません。その意味では、お金を貸すほうにとっては非常にリスクが高いということになってしまうのです。また、内定者がお金を借りる場合に、本当にその会社に内定しているのかどうかということも問題になり得ます。お金を借りるためには勤務先を記載したり、あるいは在籍確認の電話があったりします。このような方法で、確かに間違いなくその会社に勤務しているということを調べることができます。
ところが内定者の場合はなかなかそういう調査も難しいでしょう。在籍確認の電話をしてもそのことを確認することは困難です。さらに言えば、内定が事実だとしても、本当にそこに就職するかどうかということもまた気にされてしまうでしょう。実際の就職までの期間が長ければ長いほど、本当にそこに就職するのかを気にされてしまいます。
そもそも、たとえ実際に勤務開始していたとしても、勤続1ヵ月とか2ヵ月くらいでは相当に属性が低いと見られてしまい、お金を借りるには厳しい状況におかれるのです。内定ということは、ある意味でこの勤続年数がマイナスだということも言えます。1や2でも厳しいのにゼロやマイナスではどうなるかは分かるでしょう。

,